株式会社 丸一精肉
営業本部: 愛知県半田市平井町6丁目4番地の1 
TEL: 0569-20-7011(代)
トップページ 会社案内 プロセスセンター 店舗案内 リクルート

トップ会社案内INDEX>営業展開、会社組織、部門紹介

会社案内
社長の言葉
経営理念
会社概要
会社沿革
製販一貫システム
営業展開
会社組織
部門紹介

営業展開
 景気も明るい兆しがみえだしている最近ではありますが、生き続ける会社であるために、私達サービス業は顧客の幸せを考え、努力し続けなければなりません。
 お客様の信頼・支持があってこそ良い商品、適切な情報を提供し続けていけるわけです。基本として、お客、店、工場、仕入の順に、つまり、お客様に近いほうを優先して全てを考え、お客様を大切にし、お客様に喜んでいただけるようにする事、つまり、顧客第一主義により小売業として利益を追求していきます。





組織図







 現在48の直営店があり、食肉小売店と卸業務の営業部門、惣菜製造販売部の食品加工部、パック商品を直接スーパー店舗までお届けするセントラルパック事業部の3部門からなっております。

   
営業1課(精肉卸部門)
 今年の最重点強化部門とし、知多半島の肉のシェアの充実を目指すことを目標とし、中型以上の飲食店への納品や、給食用食材の提供を中心とした顧客獲得をしていきます。
 プロセスセンターは知多半島の中央に位置しており、交通アクセスとして、知多中央道、名古屋高速、伊勢湾岸、名環2号、東名阪、国道23号線を利用することにより、東は岡崎市、北は春日井市、西は桑名市まで納品は可能です。
衛生面、製品の鮮度保持力を十分に生かし、お客様には、丸一直営の食肉小売店の48店舗の最新情報や動向を情報として提供しながら、新規顧客開発していくことができます。
 そして、卸部門である製品部では月平均としてあいち知多牛65頭、あいち県産豚2500頭を脱骨整形しており、今後も需要が高まりつつある半加工を含めた肉の関連商品の納品強化も計り、地産地消を奨めて行くためにも増産を進めていきます。
「愛知の丸一精肉」を目指し、新規顧客の開発に全力を尽くしています。


営業2課(精肉小売部門)
 現在、営業2課である食品小売の丸一直営店は、48店舗になっています。大型店ではチーフも20代~30代前半の人が多く、頑張っています。
アピタは駐車場も充実した大型店で若い家族に合わせた品揃えを考え、飲食ゾーン住環ゾーンにも力を入れた総合店となっております。 
ピアゴは身近なスーパーとして食品を中心に生活必需品の充実した店舗となっております。
 丸一各店は、「お客様に信頼される店作りを」という基本を、常に考えて努力を続けております。そして、お客様の二ーズに合わせながら、販売を通じて、安心・安全を基本に、食生活の提案と情報の提供をしていかなければならないと考えております。

 丸一はアピタ、ピアゴ、ベイシアとともに46店舗を出店し、半田知多南部市場店、武豊本店を合わせて直営店は48店です。丸一精肉の売上は小売り75%卸売25%となっております。
  丸一各店は「お客様に好かれる店作りを」という基本を常に考えて、地域に密着した販売をしたいと、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら、努力を続けております。



パックセンター事業部

アウトパック部門 
  お肉をかたまりでなく、スライス、カット、パックをして各スーパーのラベルを貼付して納品しますので、店頭で並ぶことにより、スーパーでの早朝作業の一部のお手伝いをする部門です。
 2002年9月から、一日300パックでスタートし、アピタ・ピアゴに納品しております。1日に7000~12000パック、年末には3万パックを製造しております。細かい注文ですし、店頭の売れ具合で注文の変更もありますので、受注から出荷、納品書発行までを、パソコンのシステムとオートパッカーを連動させて対応しております。
 衛生面に留意して、安心・安全をモットーに作業工程、保管環境、配送状況を検証していきます。他のお客さまへのアウトパック商品の納品もしたいので、営業していきます。

食品加工部門
 肉を素材とした加工品を作り、丸一の名物商品を作り上げる事に力をいれています。今までには、ネギマ、ギョーザ、豚ロースカツ、豚ヒレカツ、豚バラ肉の焼豚、豚肩ロースの焼豚を開発しました。
 あいち知多牛メンチカツ、あいち知多牛コロッケ、ソーセージ、ウィンナー、ベーコンを研究し手造り風の肉惣菜を作っていきたいと考えています。
 また、現在の高速チョッパーを使って、いろいろな商品をスライスし、給食センターの食材として納品しています。
2015年より、X線異物検査装置を導入し、金属探知装置とともに安心安全な商品の提供をしていきます。さらに 表示法に基き、ラベル表示等、コンプライアンスを重視して消費者から支持される商品の開発をしていきます。
 基本的には、肉に関連するものはすべて扱い、5年後には年間加工部門売上5億円を目指します。
  我が社では、お客様へ安全を提供するために、製品の細菌検査を実施しています。2007年11月15日付にて、品質マネジメントシステムのISO9001:2000認承取得をし、2009年11月24日にはISO9001:2008への再認承を取得しました。2014年12月4日にはISO22000:2005を取得しました。
 今後もお客に満足いただける商品を提供して行きます。








Copyright(C)2004  Maruichi-Seiniku Co.,LTD All Rights Reserved.