株式会社 丸一精肉
営業本部: 愛知県半田市平井町6丁目4番地の1 
TEL: 0569-20-7011(代)
トップページ 会社案内 プロセスセンター 店舗案内 リクルート
トップ会社案内INDEX>会社概要、会社沿革、製販一貫システム
会社案内
社長の言葉
経営理念
会社概要
会社沿革
製販一貫システム
営業展開
会社組織
部門紹介

 大正13年創業、昭和32年の会社化以来、常に人間尊重を基本理念に、商業を通じて社会に奉仕し、相互信頼に基づいた総合力を発揮しながら成長し、今(2018年3月現在)、直営店48店舗、F・C 7店舗で展開しています。直営店の数では愛知県下有数の規模であると同時に、その内の46店舗がアピタ・ピアゴ内にあります。業界内外の信頼も厚く当社は顧客第一主義、つまり、お客様のニーズを第一に考え、お客様の満足を私たちの喜びとしています。

会社概要
社 名
株式会社丸一精肉
創 業
大正13年10月
代表者
代表取締役 籾山孝夫
資本金
4,500万円
従業員
230名
年 商
63億9500万円(平成28年度)
事業内容
精肉全般の卸小売販売、精肉加工製造
ホームページ
http://www.maruichi-seiniku.com
主な販売先
ユニー・ファミリーマートHD㈱、ホテーフーヅ、学校給食センター他100数社
主な仕入先
愛知経済連、中部日本フード、伊藤ハム、米久、エスフーズ、 プリマハム、
フィード・ワン㈱、丸大ミート 他
ISO 22000:2005認承取得 認証登録範囲:豚・牛肉の部分肉の製造





大正13年
愛知県知多郡武豊町小売商として創業
昭和38年
ユニー(株)半田店へ出店オープン
39年
ユニー(株)六番町店へ出店オープン
42年
ユニー(株)名港店へ出店オープン

45年

武豊町営業本部配送センター完成
46年
ユニー(株)太田川店出店オープン ユニー(株)精肉部門へ納入開始
48年
配送センター内にパッケージセンター完成
50年
ユニー(株)武豊店出店オープン
51年
つくも事業部名鉄金山橋駅前つくも金山店オープン
52年
つくも事業部名鉄知多武豊駅前つくも武豊店オープン
53年
(株)ユーストア精肉部門へ納入開始 ユニー(株)サンテラス刈谷店出店オープン
54年
ユニー(株)豊明店、サンテラス乙川店、ユニー知立店、柴田店出店オープン
55年
サンテラス安城店出店オープン
56年
ユニー(株)常滑店出店オープン
57年
(株)ユーストア十四山店、平針店出店オープン
59年
(株)ユーストア佐屋店出店オープン
61年
半田市に知多南部総合卸売市場内市場店オープン
62年
(株)ユーストア岐南店、桶狭間店、勝幡店、植田店出店オープン
63年
(株)ユーストア東刈谷店出店オープン
平成元年
「株式会社丸一精肉」と改称、改組
旧名鉄金山橋駅前店つくもを移転し、名鉄金山総合駅プラザ・ビル内へ「手焼きステーキのつくも」金山店フレッシュオープン (株)ユーストア川辺店オープン
平成4年
(株)ユーストア大清水店、井ヶ谷店、出店オープン
5年
(株)ユーストア笠松店、新居店、出店オーフン
6年
(株)ユーストア袋井店、ユニー(株)香久山店、ユニー(株)尾西店、(株)ユーストア阿久比店出店オープン
8年
ユニー中村店、ユーストア西城店、篠木店、穂積店、アピタ稲沢店、緑店、北方店オープン
9年
アピタ大府店、東海通店、向山店
10年
アピタ名古屋北店、アピタ知立店、アピタ大口店
11年
ユーストア印場店、吉良店、アピタ阿久比店、アピタ木曽川店 
「手焼きステーキのつくも」閉店
12年
ユーストア福釜店、半田店、八剱店、アピタ小牧店、長久手店、新守山店、蒲郡店オープン 
13年
アピタ岐阜店、ユーストア菱野店オープン
14年
ユニー一宮店、アピタ岡崎北店、アピタ東海荒尾店オープン
16年
アピタ千代田橋店オープン
17年
アピタ四日市店、アピタ豊田元町店、アピタ江南店オープン
18年
アピタ安城南店オープン
19年
ISO 9001:2000認承取得 (認証登録範囲:食肉加工及び食肉加工食品の製造)
21年
アピタ稲沢東店オープン
21年
ISO 9001:2008認承更新
23年
IT経営実践認定企業100社に選ばれる
26年
アピタ西尾店オープン
ISO 22000:2005認承取得 (認証登録範囲:豚・牛肉の部分肉の製造)
27年
ピアゴ太田川店オープン
29年
ベイシア三好店オープン
   
製販一貫システム
 
 当社は、精肉加工製造から、卸・小売と一貫した経営を行っています。生産された精肉は、プロセスセンターへ。そこで一度冷蔵庫に保存された後、脱骨作業、解体作業が行われ、それぞれロース、ウデ、ヒレ、モモ、バラ等の部位に分けられます。そしてスーパー・小売店へと出荷され、スライス等の加工を経て、パック包装され店頭へ。これら一連の作業は新鮮さをそこなわない優れた技術と、きめ細かな作業で、お客様から高い信頼を得ています。

 そのために商品の充実を図ることはもちろん、食生活に関する情報を提供し、新たな提案をしていくことが大切だと考えています。プロセスセンターは、最新の鮮度管理システムと加工能力を持ち、鮮度の高い良質な商品の開発・加工・供給を通じて社会に貢献しています。





  また、職場では「企業は人なり」をモットーに、一人一人の力を十分に発揮できるよう、個性を活かせる配属で働きがいがあり、健康で明るい環境づくりを心掛けていますその上で社内のOA化として、営業本部と支店間のネットによる社内LAN、WEBシステムを進め双方向のデータ交換・情報共有をしています。さらに、生産現場のFA化、合理的なシステムの完成を目指しています。



Copyright(C)2004  Maruichi-Seiniku Co.,LTD All Rights Reserved.